トップ / 医学部予備校の必要性

学校と体罰に関する情報

医学部予備校で今年度合格 

医学部の偏差値はとても高いです。最近は男女問わず手に職を付ける事の重要性が言われており、少子化の時代でも医学部の偏差値は上がっています。特に学費がお値打ちで、サラリーマン家庭でも手の届く国立大学医学部は難しくなってきています。医学部予備校で対策すると効率的です。医学部といえでも国立大学での出題は教育指導要領にそった内容となります。しっかりと論理的に教科書の内容を理解して、アウトプット可能にする事が求められます。国立大学はセンター試験を含め受験科目が多く、独学ですべてを理解するのは大変です。

医師になるために、メビオへ 

医師になるためには並大抵の努力では実現できません。メビオは医歯学部進学専門の予備校として1980年に創設され、以来35年間に渡って進学者2556名を輩出してきました。その長年に渡るノウハウを生かし、過去の入試問題にも精通した主任講師を中心としたプロジェクトによって、各教科のテキストや教材を作成しており、医歯学部への道を全力でバックアップしてくれます。また、メビオでは生徒の理解度や指導効果を正確に把握するために1クラス7人以下の少人数クラスを採用していますので、きめ細やかなサポートも期待できます。