トップ / 学校の教員として働く

学校と体罰に関する情報

学校の先生は作らない 

30年ほど前、私が小学校に通っていた頃は、テストと言えば先生が作っていました。ですが今はどうでしょう。殆ど市販の教材プリントです。そして何故か教材費としてお金を取られます。これはとても違和感を感じます。教務以外の仕事が忙しいのかもしれませんが、そもそも小学校は勉強をするところです。テストを教材で済ませるということは、授業も教材に沿って行っているのでしょうか?これは私にしてみたら手抜き以外のなにものでもありません。創意工夫など何も必要無くなってしまうではありませんか。その先生の特徴のある授業をしてもらえたら、子供たちはずっと先まで心に残ることでしょうに。

やりがいを感じる先生について 

学校の先生ほど、やりがいのある仕事はありません。教師を夢見ている学生も多いでしょう。重労働というイメージがありますが、子供の成長が肌で感じ取れる仕事は他にはありません。人間対人間なので、トラブルは当然あります。そのトラブルも、コミュニケーションをしっかり取れば、必ず解決します。学校の先生はコミュニケーションスキルが必要です。自分にはそのスキルが不足していると思うなら、自ら学べば身に付きます。子供以外に、親ともコミュニケーションを取らなければならず、心身ともに大変ですが、ほかの仕事よりずっとやりがいがある仕事です。

スキー風景